Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報320件含む書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - ソニー損保

ソニー損害保険は、顧客情報320件が記載された保険金支払いに関する書類が所在不明になっていることを明らかにした。

紛失したのは、2007年5月に保険金の支払いが完了した契約に関する書類135件。顧客情報320件が記載されていた。5月29日に保険金支払いにおける適正性の点検作業を行った際、保管場所からなくなっていることに気が付いたという。

書類によって含まれる情報は異なるが、氏名については320人分すべてが含まれる。そのほか、291人については住所と電話番号の双方、もしくはいずれか、さらに92人については口座番号が記載されていた。また109人については診断書および診療報酬明細書なども含まれる。

同社では書類管理の状況から社外へ持ち出した可能性は低いとし、誤って廃棄処理した可能性が高いと結論付けている。また、紛失した情報の不正利用などは確認されていない。同社では対象となる顧客に対し、個別に説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2009/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
小学校で結核健診問診票を紛失、整理が不十分で - 平塚市
民生委員の改選書類など紛失、誤廃棄の可能性 - 川崎市
解約済み預金の一部印鑑届を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪信金
ATMの取引情報が記録された記録媒体を紛失 - 杜の都信金
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県