Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染被害が昨年同期より倍増 - 不審通信の8割はSMTPかHTTP

トレンドマイクロは、2009年上半期の国内におけるウイルス感染被害報告を取りまとめた。USBメモリ経由で感染する「MAL_OTORUN」が1位だった。また、正規サイトの改ざんによりウイルスを埋め込む手法も目立っている。

2009年上半期の国内における不正プログラム感染被害報告数は2万8628件で、2008年同期の1万4878件から約92ポイントの大幅な増加を見せた。

1位は昨年8月から11カ月連続でトップを占めている「MAL_OTORUN」。同ウイルスはUSBメモリなどリムーバブルメディアのオートラン機能を悪用して感染するもので、上半期の報告数は2484件。上位10種の報告数合計の約43.5%を占める。

2位の「WORM_DOWNAD」はWindowsの脆弱性を悪用するものだが、2008年11月に確認されて以来、多くの亜種が流通。リムーバブルメディア経由で感染するものや、共有ネットワークを介して感染するもののほか、4月には偽セキュリティソフトをダウンロードする亜種も確認された。脆弱性を解消しても感染するケースもあり、同社では総合的なセキュリティ対策の重要性を強調している。

また4月から5月にかけて、国内で正規サイトの改ざんが頻発した。3位に入っている「BKDR_AGENT」の亜種「JS_AGENT」が埋め込まれ、最終的にはFTPアカウントを盗聴する「TROJ_SEEKWEL」がダウンロードされるケースが相次いで発生した。同ウイルスは短期間で多くの被害が報告されており、5月に初めて確認されたにもかかわらず、上半期のランキングで6位に入っている。

企業内で発生した不審な通信については、SMTPが約45.4%、HTTPが約37.3%を占め、8割以上がメールおよびウェブ関係の通信であることがわかった。

ドメイン別の取得検体数ランキングでは、「com」が1位だった。注目すべきは中国のドメイン「cn」で、昨年同時期に2位だった「net」を抜いて2位に浮上した。そのほか国ではポーランドや韓国、アルゼンチンなどが上位に入っているが、件数では中国が突出している。

同社が発表した2009年上半期のウイルス被害報告数ランキングは以下の通り。

1位:MAL_OTORUN
2位:WORM_DOWNAD
3位:BKDR_AGENT
4位:TROJ_VUNDO
5位:TSPY_ONLINEG
6位:TROJ_SEEKWEL
7位:JS_IFRAME
8位:MAL_HIFRM
9位:BKDR_TDSS
10位:TROJ_DLOADER

(Security NEXT - 2009/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン