Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kitaca対応ロッカーで利用料金の二重請求が発生

JR札幌駅と小樽駅のICカード対応ロッカーにおいて二重請求が発生した。

日本自動保管機が製造した「Kitaca電子マネー対応ロッカー」において、利用料金が2度に渡って行われたもの。6月9日、13日に利用者の指摘により問題が発覚した。

両駅わせて13台が設置されており、現在利用を停止している。また同社では、利用者に対して料金を返金する方針。

発生率は3.4%で、3月14日の利用開始日以降における利用状況を照らし合わせると、想定される発生件数は167件になるという。原因はわかっておらず、調査が進められているが、制御部の不具合が原因と見られている。

JR北海道
http://www.jrhokkaido.co.jp/

(Security NEXT - 2009/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
コード決済サービス「d払い」で一時障害 - サーバに不具合
「PR TIMES」で障害、一部プレスリリースが未配信に
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会