Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kitaca対応ロッカーで利用料金の二重請求が発生

JR札幌駅と小樽駅のICカード対応ロッカーにおいて二重請求が発生した。

日本自動保管機が製造した「Kitaca電子マネー対応ロッカー」において、利用料金が2度に渡って行われたもの。6月9日、13日に利用者の指摘により問題が発覚した。

両駅わせて13台が設置されており、現在利用を停止している。また同社では、利用者に対して料金を返金する方針。

発生率は3.4%で、3月14日の利用開始日以降における利用状況を照らし合わせると、想定される発生件数は167件になるという。原因はわかっておらず、調査が進められているが、制御部の不具合が原因と見られている。

JR北海道
http://www.jrhokkaido.co.jp/

(Security NEXT - 2009/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会