Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、JCMVPの「暗号アルゴリズム確認制度」で初認定

情報処理推進機構(IPA)は、シーアイシーシステムズが申請した「CICLOCK II for Windows ライブラリ」に対して「暗号アルゴリズム確認書」を発行した。

同確認書は、「暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)」の「暗号アルゴリズム確認制度」もとづいて発行したもの。同確認制度における確認書の発行は今回がはじめて。

JCMVPは、暗号モジュールへ暗号アルゴリズムが適切に実装されていることやセキュリティが確保されているか確認する制度。「暗号アルゴリズム確認制度」は、同制度において暗号アルゴリズムの実装が適正であることのみを判断するもので、1月16日より開始スタートしている。

(Security NEXT - 2009/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
電子署名や認証業務の法律施行規則改正でパブコメ
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
セキュリティ人材のスキル可視化施策についてレポート - JNSA
公取委、「デジタルプラットフォーマー」の個人情報取得で指針案 - パブコメ実施
国内初となる「情報銀行」の「P認定」 - 三井住友信託銀など2社
「PCI PIN Security」の日本語審査を提供 - NTTデータ先技
テレワークの実績を持つ企業や団体を募集 - 総務省
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失