Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

青年を対象とした合宿イベント「セキュリティ&プログラミングキャンプ」が今年も開催

情報処理推進機構(IPA)とセキュリティ&プログラミングキャンプ・コンソーシアムは、22歳以下の学生を対象に「セキュリティ&プログラミングキャンプ2009」を開催する。現在、参加希望者を募集している。応募締切は7月6日。

同キャンプは、IT分野の人材発掘や育成を目的としたイベント。今回で6回目を迎えた。情報セキュリティやプログラミングに関する講義を通じて、技術面、モラル面、セキュリティ意識、職業意識などの向上を目指している。

セキュリティコースでは、全員参加の「基本科目」にくわえ、ウェブアプリの脆弱性やセキュリティ診断、プログラム開発など学ぶ「Webセキュリティクラス」やセキュアOSやDNSの運用を学ぶ「セキュアサーバ構築クラス」はじめ、「ネットワーク技術者クラス」「バイナリ解析クラス」など専門科目を用意。

さらに自由選択科目として「ハニーポット」「無線LANのセキュリティ」「暗号理論と暗号解読」といった講義のほか、企業見学会やグループ演習なども予定されている。

開催日程は8月12日から16日までで、会場は千葉県美浜区の海外職業訓練協会(OVTA)。対象者は国内に居住する22歳以下の学生で定員は60人。参加費は無料。

(Security NEXT - 2009/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス