Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税務関連書類の誤送付で個人情報が流出 - 静岡市

静岡市において、住民税に関する通知書を誤って発送する事故が発生した。同市では個人情報が流出したとして謝罪している。

同市によれば、5月14日に葵区や清水区内の事業者へ「平成21年度給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書」を送付したが、別事務所の綴りを同封して送付したという。

3事業所、29人分の氏名や住所、所得税、徴収税額などが記載されており、受け取った事業者の届け出により問題が判明した。同市では関係者に謝罪。回収した上で正しい事務所へ書類を交付している。

同市では、発送する資料の照合など作業方法について見直しを実施し、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
卒業証明書を封入ミスで誤送付 - 中京大
保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
児童手当に関する書類の誤発送で個人情報流出 - つくば市