Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号モジュール認証製品リストに「C-SELECT 1.2」を追加 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が運用する暗号モジュールの認証制度「JCMVP」の暗号モジュール認証製品リストを更新した。

今回追加されたのは、キヤノンが開発した暗号モジュール「C-SELECT 1.2」。同ソフトウェアは、WindowsやMacintosh、Linux向けのソフトウェアライブラリで、暗号化や電子署名、メッセージダイジェストなど暗号化処理を行うことができる。認証日は2009年5月27日。

IPAでは、電子政府推奨暗号リストに記載されている暗号化機能などを実装したハードやソフトにおける暗号モジュールについて、セキュリティ機能や暗号鍵、パスワードなど適切に保護されていることを試験し、認証を行っている。

(Security NEXT - 2009/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX