Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年第1四半期の脆弱性、危険度中以上が4分の3 - 97%には対策あり

ラックは、2009年第1四半期に明らかになった脆弱性の傾向を取りまとめ、SNSDBアドバイザリレポートとして発表した。

同社の脆弱性情報データベースである「SNSDB」に掲載した117件のアドバイザリを集計したもの。32%はサーバやネットワーク機器に関する脆弱性だった。OSに関する脆弱性が22%、ライブラリが21%と僅差で続いている。クライアントに関する脆弱性も17%と多い。

リスクレベルがもっとも高い「High」が14%。続く「Midium High(25%)」「Midium(37%)」で8割弱を占めている。攻撃方法としては、サービス不能が39%でトップ。任意のコードが実行されるものが27%、情報漏洩も8%あった。97%がパッチやバージョンアップによる対策が用意されていたという。

同社が今回のレポートで悪用の危険性が特に高いとした脆弱性は17件。「Oracle WebLogic Server」や「WindowsにおけるSMBパケットの処理」、「Adobe Reader」に関する脆弱性など含まれ、そのうち13件には攻撃ツールが登場、4件についてもウイルスが発生していた。

(Security NEXT - 2009/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減