Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコミュニケーションズ、インターネット経路ハイジャックの防止技術を開発

NTTコミュニケーションズは、インターネットの経路情報の不正利用を防止する技術を開発したと発表した。

今回開発された同技術は、総務省から委託を受け研究を行った「経路ハイジャックの検知・回復・予防に関する研究開発」の成果。同社が開発を進めている高信頼性インターネット経路情報(IRR)データベースと連携し、経路情報受信時に不正な経路の選択を防止する。ジュニパー・ネットワークスのISP向けルーター上で動作するという。

同社は、経路情報の不正利用を防止するには、ISPによる検知や予防対策が効果的であるとしており、今後、同技術について、有効性などを検証する実証実験を実施する予定。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」にウェブ版 - 業界平均との比較も可能
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2021年度春期の登録セキスペ試験、2306人が合格 - 合格率21.2%