Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコミュニケーションズ、インターネット経路ハイジャックの防止技術を開発

NTTコミュニケーションズは、インターネットの経路情報の不正利用を防止する技術を開発したと発表した。

今回開発された同技術は、総務省から委託を受け研究を行った「経路ハイジャックの検知・回復・予防に関する研究開発」の成果。同社が開発を進めている高信頼性インターネット経路情報(IRR)データベースと連携し、経路情報受信時に不正な経路の選択を防止する。ジュニパー・ネットワークスのISP向けルーター上で動作するという。

同社は、経路情報の不正利用を防止するには、ISPによる検知や予防対策が効果的であるとしており、今後、同技術について、有効性などを検証する実証実験を実施する予定。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府