Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費生活相談の申込書書類を誤ファックス - 静岡市

静岡市は、4月27日に消費生活相談の相談者に関するファックスを誤送信したことを明らかにした。ファックスには個人情報が記載されていたという。

同市によれば、消費生活相談を行った住民の申込書写しを誤って関係ない住民へファックスしたもの。受信した住民の届け出により事故が判明し、同月30日にファックスを回収した。氏名や住所、生年月日、年齢、電話番号など個人情報が記載されていたことから、同市では相談者に対して謝罪している。

また再発防止のため、研修を実施したほか、今後は、ファックス送受信に関するセキュリティポリシーを定めるとしている。

(Security NEXT - 2009/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
県民割登録宿泊施設の非公開情報を誤掲載 - 群馬県
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
資格検定の申込サイトにサイバー攻撃 - データ改ざんや流出の可能性
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
特例貸付の申請書類など所在不明に - 江戸川区
「Emotet」感染で職員装うメール - 日本気象協会
スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト