Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Webのウイルス検知機能に不具合見つかる - すでに対策済み

ネットフォレストは、「Dr.Webアンチウイルス ver. 4.44」において、一部ウイルスの検出機能に不具合が見つかったと発表した。

不具合が明らかになったのは、同ソフトにおける「Trojan.Siggen.2394」の検出機能。感染ファイルの検出に失敗し、一時ファイルを大量に生成するもので、5月27日昼過ぎに顧客より指摘があり、問題が判明した。

同社では同日16時過ぎに不具合を解消した定義ファイルの提供を開始しており、現在は正常に検出できるという。同ウイルスが添付されたメールや、感染ファイルをメールやファイル用のフィルタで処理している場合、一時ファイルが大量に作成されているおそれがあり、同社では削除方法をアナウンスしている。

ネットフォレスト
http://www.netforest.ad.jp/

(Security NEXT - 2009/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
NTTドコモ、「+メッセージ」で一時障害 - 現在は復旧
「スタディサプリ」に不具合 - 他利用者としてアクセス可能に
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
LINEギフトで「ほしいものリスト」を友だち以外に誤配信
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
MS、定例外パッチでDC認証エラーの問題を解消
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信