Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バイオメトリクスやICカードにも対応する認証基盤ソフト - ネットマークス

ネットマークスは、複数の認証デバイスを組み合わせて利用できる認証基盤ソフトウェア「SecureSuiteV」を5月より販売開始する。

同製品は、Windowsドメイン認証を行う際の本人認証にバイオメトリクス認証デバイスやICカードを利用できる認証基盤ソフト。1アカウントに対して、パスワード認証をはじめ、バイオメトリクスやICカードなど複数の認証を自由に組み合わせて利用できる。

Windowsドメイン認証だけでなく、シンクライアントの認証にも対応したほか、連携可能なアプリケーションに対して自動的にIDやパスワードを入力することができる「パスワードマネージャー機能」を用意している。

(Security NEXT - 2009/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム