Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京工業大学名誉教授の辻井重男氏が「瑞宝中綬章」を受賞

政府が4月29日に発表した2009年度春の叙勲で、情報セキュリティ分野の研究者である辻井重男氏が、「瑞宝中綬章」を受賞した。

同氏は、暗号や認証分野をはじめ情報セキュリティや通信分野の専門家。1933年生まれ。東京工業大学名誉教授や中央大学研究開発機構教授を務め、情報セキュリティ大学院大学学長をはじめ、電子情報通信学会会長、日本セキュリティ・マネジメント学会会長などを歴任。また2007年2月には「情報セキュリティの日」功労者表彰を受賞している。

(Security NEXT - 2009/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の候補者を公募中 - 総務省
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞