Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Panda、クラウド型ウイルス対策製品のベータ版を公開 - 個人利用は無料

スペインのPanda Securityは、クラウド型ウイルス対策シンクライアント「Panda Cloud Antivirus」のグローバルベータ版を発表した。個人利用であれば、無料で利用できる。

同製品は、ローカル環境における複数の検知技術と、シンクライアントエージェントによるネットワーク経由の非同期クラウド型スキャニング処理の技術を活用するセキュリティ対策製品。

ローカル環境に定義ファイルをインストールしない構造で、メモリやCPUといったリソースの消費を低減させており、同社の説明によれば従来製品と比較してCPUの負担は半分程度だという。

ウイルスやスパイウェア、ルートキット対策機能のほか、ヒューリスティック、グッドウェアのキャッシュ機能を提供し、メモリの消費は平均17Mバイトに抑えた。

マルウェアの診断については、数百万人規模のユーザーコミュニティから情報を収集。ユーザーが受け取ったファイルについて6分以内に自動で分類を行うしくみで、1日当たり5万件以上のサンプルを処理している。

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応