Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIPの脆弱性検証ツールを開発者向けに無償貸出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、VoIPなどに用いられるプロトコル「SIP」の脆弱性を検証できるツールを開発し、開発者へCD-ROMの貸し出しを開始した。

同ツールは、同機構がSIPに関する既知の脆弱性について解説した「SIPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書」の内容を実際に検証できるソフトウェア。報告書に収録している22項目の脆弱性のうち、6項目、30シナリオについて検証し、脆弱性の有無を確認できる。

IPAによれば、今までSIPに関する脆弱性は個別に対応されてきたため、体系的に検証するツールがなく、既知の脆弱性を含むソフトウェアが開発されるケースがあったと今回提供に至った背景を説明している。

またIPAでは、SIP/RTPの暗号化に関してカテゴリを追加収録した「SIPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書 改訂第2版」の公開もあわせて開始しており、開発者はウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2009/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省