Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元職員がメールアドレスを持ち出し、個人的な事業案内に利用 - 大阪市の財団法人

大阪市都市型産業振興センターの元職員が、在職中に担当していたセミナーの申込者305人分のメールアドレスを利用し、個人的な事業の案内を送付していたことがわかった。

不正に利用されたのは、同センター主催のセミナー「ナレッジセミナー 今日から始められるコスト削減・成功の秘訣!」に申し込んだ305人のメールアドレス。

2009年3月末に退職した元職員が持ち出したもので、4月21日10時20分ごろ、退職後に始めた個人的な事業に関する案内をアドレスを利用して送付。メールの受信者から同日中に問い合わせ寄せられ、不正利用が発覚した。

同センターでは元職員が持ち出したアドレスデータを回収し、関係者にメールで説明と謝罪を実施。アドレスが第三者に流出した事実は確認されていないという。また大阪市では、同センターが同市の中小企業支援拠点「大阪産業創造館」の指定管理者であることから、個人情報の管理強化を指導するなど再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院