Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「2007年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書 Ver.1.6」を公開 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「2007年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」の最新版となるVer.1.6を公開した。

同報告書は、同協会セキュリティ被害調査ワーキンググループが、新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏洩に関する情報を調査、分析したもの。

2008年6月より公開されており、今回のバージョンアップでは、付録として収録されている「2007年個人情報漏えいによる想定損害賠償額」において一部表の改訂が行われた。

(Security NEXT - 2009/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も