Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

土岐市ホームページが改ざん、ウイルス被害などは確認されず

岐阜県土岐市のウェブサーバが不正アクセスを受け、サイトのトップページが改ざんされていたことがわかった。同市では、不正プログラムの埋め込みや閲覧者へのウイルス感染などはなかったと説明している。

同市によれば、4月11日1時25分から翌12日10時50分までウェブサイト上で不正ページを表示していたもので、閲覧者からの連絡で判明した。改ざんされていたのは、同サイトのトップページを表示するためのファイルで、ラテン語によるメッセージが残されていた。

問題の期間中に重複を含む268件の閲覧があったが、同市では、改ざんされたページを閲覧することによる不正サイトへの誘導やウイルスの埋め込みはなかったとしている。

同市では、コンテンツのセキュリティ設定や表示設定が不十分だったとし、再発防止に向けてセキュリティ強化など再発防止策に取り組む。

(Security NEXT - 2009/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市