Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広告掲載サイトで改ざん、ウイルス感染のおそれ - ECナビ

価格比較サイトのECナビは、広告掲載サイトが改ざんされ、リンク先サイトを閲覧した場合にウイルス感染のおそれがあると発表した。

改ざん被害が発生したのは、ブランジスタが運営する「puppine」。ECナビでは、4月2日より広告を掲載していたが、ウイルス感染の危険があるとして、4月10日15時に掲載を中止したという。

問題のサイトでは、JavascriptによりラトビアのIPアドレスへ誘導されており、FlashやAdobe Readerにおける既知の脆弱性を悪用するウイルスに感染するおそれがあったと見られているが、被害状況など詳細については、ブランジスタが確認を行っているという。「puppine」もメンテナンス中として公開が中止されている。

puppine
http://mag-puppine.com/

ECナビ
http://ecnavi.co.jp/

(Security NEXT - 2009/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令