Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岸和田市の児童施設

大阪府岸和田市立いながわ療育園の職員が、児童380人分の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したことがわかった。

所在が不明になっているのは個人所有のメモリで、同園に通っている肢体不自由児380人分の氏名、住所、生年月日、障害の程度などが保存されていた。USBメモリの利用は原則禁止されていたという。

同職員は3月30日、作業のためデータをメモリに保存し、その後データを消去せずメモリを持ち帰ったが、その後立ち寄った送別会や帰宅途中に紛失したと見られている。同市では関係者へ謝罪。パソコンや外部メディアの管理徹底など再発防止対策に取り組む。

(Security NEXT - 2009/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県