Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎シリーズに脆弱性、不正プログラム実行のおそれ

ジャストシステムは、同社人気ワープロソフト「一太郎」シリーズに脆弱性が見つかったとしてアップデートの公開を開始した。不正利用の報告は受けていないという。

同社によれば、細工された文書を開いたり、インターネット上の文書をプラグインのビューアで閲覧した場合、任意のコードが実行され、パソコンが不正に操作される可能性があるという。

3月4日にJPCERTコーディネーションセンターから同社へ報告があり、今回対応したもので、同社では脆弱性を解消したアップデートを用意。ユーザーへへ導入を強く推奨している。

同シリーズでは、3月に別の脆弱性も明らかになっており、3月16日よりアップデートモジュールが公開されていた。

[JS09002] 一太郎の脆弱性を悪用した不正なプログラムの実行危険性について
http://www.justsystems.com/jp/info/js09002.html

ジャストシステム
http://www.justsystems.com/jp/

(Security NEXT - 2009/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も