Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けにウェブ経由のウイルス感染を防止する新サービス - NTTぷらら

NTTぷららは、法人向けインターネットサービス「BUSINESSぷらら」のフィルタリングサービスを強化し、ウイルス対策機能を追加したウェブセキュリティサービス「WEBゲートウェイ」の提供を開始した。

今回の機能強化では、従来のURLフィルタリング機能にくわえ、ウェブサイト経由で感染するウイルスの検知が可能となった。また規制するカテゴリについて従来の1種類から4種類に増強されている。

機能実現にあたっては、トレンドマイクロのURLフィルタリング製品「InterScanWebManager」やウェブゲートウェイセキュリティ製品「InterScanWebSecuritySuite」を採用した。

同社ではサービスの提供を記念し、サービス開始月を含む3カ月間の月額利用料金を無料とするキャンペーンを6月30日まで実施している。

また今回のサービス強化により、「WEBフィルタリング」の新規申込受付を4月30日で終了する。「WEBフィルタリング」の現行ユーザーは、引き続き同サービスを利用できる。

(Security NEXT - 2009/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加