Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ取得など新機能を追加したID管理製品最新版 - 日立ソフト

日立ソフトウェアエンジニアリングは、新機能を追加したID管理製品の最新版「SR-Account」を、3月30日より発売する。

同製品は、ID統合管理製品群「SRシリーズ」のID管理製品で、複数システムのユーザーIDを一元管理実現するソリューション。

最新版では、契約やパートなどの非正規従業員、および一時入館者のID申請がウェブ画面から可能になった。また、IDに関するログを取得し、IDに対する申請、管理、監査、認証の一元化が可能となった。

今回、SRシリーズの他製品も新機能が追加されている。シングルサインオンを実現する「SRGate」では、Windows認証との連携やシングルサインオン用のURL生成が可能になった。また特権IDの一元管理を実現する「SR-AdminSupport」では、特権IDの管理対象にUNIX系OSが追加された。

(Security NEXT - 2009/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス