Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトへのアクセス状況をカテゴリ別に把握できる「LogVillage2.0」向けオプション

蒼天は、エージェントレスで動作するクライアント管理ソフト「LogVillage2.0」のユーザー向けに「URLカテゴリ分類オプション」の販売を開始する。

「LogVillage」は、クライアントPCの稼働状況や資産の管理、操作ログの収集、ファイル管理を行うことができるクライアント管理ソフト。蒼天では、今回あらたにURLフィルタリングサービスなどを展開するネットスターと「URLカテゴリ分類オプション」を共同で開発した。

「LogVillage」では、従来よりウェブサイトへのアクセスログを収集できる機能を備えているが、同オプションを導入することにより、自動でカテゴリごとに分類し、グラフや詳細ログを表示できるようになる。

組織全体や部門、PCごとにアクセス状況も把握することが可能。カテゴリは少分類で71種類を用意しており、アラート通知機能をカテゴリごとに設定することができる。オプションの価格は52500円/月から。

(Security NEXT - 2009/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
IPA、セキュ教育用教材を公開 - 指導者向けeラーニングも
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応