Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相談者に対するメール返信時に発生した誤送信を公表 - 日本データ通信協会

日本データ通信協会は、2月20日にメールの誤送信が発生し、2人分の個人情報が流出したことを公表した。

同協会へメールで寄せられた2件の相談に対して返信を行った際、誤送信が発生したもの。同協会職員が返信する際、別の職員のメールアドレスをBCCに指定したつもりが、同姓の関係ない第三者を設定して送信してしまったという。メールには氏名、住所、携帯電話番号など含まれていた。

2月26日に受信者の指摘を受けて問題が判明。同協会では、誤送信先に対して削除を依頼し、関係者に対して事情を説明し、謝罪している。

日本データ通信協会
http://www.dekyo.or.jp/

(Security NEXT - 2009/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員や学生宛てのメールで個人情報含むファイルを誤添付 - 山口大
「Node.js」向けMySQLクライアントにRCE脆弱性
子会社元従業員、ネットバンク経由で3.5億円を横領 - ホッカンHD
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校
「PuTTY」に脆弱性、「WinSCP」「FileZilla」なども影響 - 対象の旧鍵ペアは無効化を
Ivanti製モバイル管理製品「Avalanche」に深刻な脆弱性 - 一部PoCが公開済み
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
サードパーティ製ソフトに起因する脆弱性7件を修正 - Atlassian
先週注目された記事(2024年4月14日〜2024年4月20日)
「MS Edge 124」がリリース、脆弱性17件を修正