Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの完全復旧は3月下旬 - JR北海道

JR北海道は、不正アクセスによる改ざん被害の影響で一部停止しているホームページについて、復旧作業の進捗状況を公表した。

同社では、2008年11月27日に発生した不正アクセスによるサイト改ざんで、閲覧者にウイルス感染のおそれがあるとして、翌28日よりウェブサイトの全サービスを停止。復旧作業と安全確認を行っている。

安全が確認されたページより順次再開しているが、「JR北海道予約サービス」や「JR北海道の旅予約サイト」のほか、携帯サイトの「指定席予約」「快速エアポート予約」、グローバルサイトの「北海道レールパス予約」など一部ページは依然として停止している。

同社ではこれらの停止ページについて、3月下旬の再開を目指して復旧作業に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も