Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Googleの検索結果に「不正サイト表示」の不具合 - 原因は人的ミス

1月31日夜半から翌2月1日にかけて、検索エンジン「Google」の検索結果や、メールサービス「Gmail」の迷惑メール判定に不具合が発生した。

Googleでは、ウイルス感染のおそれがある危険なサイトに対し、「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」というメッセージを検索結果に表示し、利用者へ警告を行っているが、1月31日23時30分から2月1日0時25分にかけて約40分間にわたり、検索結果で表示されたすべてのサイトに対し、警告表示を行う状態になっていたという。

同社では、同日にデータベースを更新したが、そのリストのなかにすべてのサイトとパターンマッチする 「/」 が人的ミスにより混入していたのが原因だという。

またメールサービス「Gmail」でも、迷惑メールの判定にリストを利用していたことから、一部メールに対して迷惑メールとして誤検知する問題が発生した。

同社では誤検知したメールを受信トレイに戻す作業を実施しているが、1月31日23時から翌2月1日1時までに重要なメールを受信した可能性がある場合は、迷惑メールフォルダを確認してほしいと呼びかけている。

Google
http://www.google.co.jp/

(Security NEXT - 2009/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
コード決済サービス「d払い」で一時障害 - サーバに不具合
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開