Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で「2ちゃんねるビューアー」利用者のメールアドレスが流出

2ちゃんねるの過去ログやスレッドを読むためのサービス「2ちゃんねるビューアー」の利用者に関するメールアドレスが、メールの誤送信により外部へ流出したことがわかった。

同サービスは、N.T.Technologyが提供しているもので、国内では同社よりゼロがサポート業務について受託して運営している。

同社によれば、1月30日に同サービスの利用者に対して自動更新を案内する連絡メールを送信したが、その際に誤ってメールアドレスを「CC」に記載したため、関係ない別の利用者からメールアドレス600件が確認できる状態になった。メールアドレス以外の個人情報は含まれないという。

同社では、対象となるユーザーに対して事情を説明し、謝罪する内容のメールを送信。誤送信したメールの削除を依頼した。また、再発防止策について検討を行い、後日報告するとしている。

(Security NEXT - 2009/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社