Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

庁舎内から開発許可の情報含むパソコン持ち去られる - 大阪府

大阪府庁舎内に置いてあった職員用のパソコンが、盗難被害に遭ったことがわかった。土地の開発許可に関する申請関連情報が保存されていたという。

紛失したのは、同府庁舎別館1階にある建築指導室審査指導課の職員用パソコン。室内に置いておいたところ持ち去られたもので、職員が11月28日朝に出勤した際、なくなっていることに気が付いた。

紛失したパソコンの内部に保存されていたデータは、開発許可書案や作業用資料、検査済公告案、現場写真など開発許可に関する資料で、申請者の住所や氏名など約300件が含まれる。

同府では、警察へ被害届けを提出。関連する申請者へ事情を説明する。

大阪府
http://www.pref.osaka.jp/

(Security NEXT - 2008/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ