Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレジットカード売上票333枚を紛失 - ユニクロ

ユニクロは、店舗で扱った「クレジットカード売上票」333枚が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明となっているのは、9月1日から同月30日までに地下鉄梅田店においてで扱った「クレジットカード売上票」のカード会社控え333枚。カード利用者の氏名、カード会社名、下3桁を除くカード番号、購入金額、購入日のほか、一部については利用者の署名も含まれる。

不正利用の報告も確認されておらず、同社では確認作業を行った際に誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。同社では問い合わせ窓口を設置し、対応を進めている。

(Security NEXT - 2008/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組
移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク