Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレジットカード売上票333枚を紛失 - ユニクロ

ユニクロは、店舗で扱った「クレジットカード売上票」333枚が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明となっているのは、9月1日から同月30日までに地下鉄梅田店においてで扱った「クレジットカード売上票」のカード会社控え333枚。カード利用者の氏名、カード会社名、下3桁を除くカード番号、購入金額、購入日のほか、一部については利用者の署名も含まれる。

不正利用の報告も確認されておらず、同社では確認作業を行った際に誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。同社では問い合わせ窓口を設置し、対応を進めている。

(Security NEXT - 2008/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
寄付者の個人情報に外部アクセス - 朝日新聞厚生文化事業団
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ