Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性や技術動向のレポート提供を開始 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットにおける技術動向やセキュリティ情報を取りまとめたレポート「Internet Infrastructure Review」の提供を開始した。

技術動向をはじめ、インシデントのサマリ、迷惑メールの動向など同社が収集した情報を取りまとめ、定期的に無料で公開するもの。年4回発行する季刊でVol. 1は10月7日に公開を開始した。

初回号では、フォーカスリサーチとして、被害が増えているSQLインジェクション攻撃や「Winny」や「Share」といったP2Pネットワークの話題、ウイルス感染につながる迷惑メールなどの話題を取り上げている。

(Security NEXT - 2008/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染