Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性や技術動向のレポート提供を開始 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットにおける技術動向やセキュリティ情報を取りまとめたレポート「Internet Infrastructure Review」の提供を開始した。

技術動向をはじめ、インシデントのサマリ、迷惑メールの動向など同社が収集した情報を取りまとめ、定期的に無料で公開するもの。年4回発行する季刊でVol. 1は10月7日に公開を開始した。

初回号では、フォーカスリサーチとして、被害が増えているSQLインジェクション攻撃や「Winny」や「Share」といったP2Pネットワークの話題、ウイルス感染につながる迷惑メールなどの話題を取り上げている。

(Security NEXT - 2008/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
住民向けアプリが外部アクセス可能に - 高砂市
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現