Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性や技術動向のレポート提供を開始 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットにおける技術動向やセキュリティ情報を取りまとめたレポート「Internet Infrastructure Review」の提供を開始した。

技術動向をはじめ、インシデントのサマリ、迷惑メールの動向など同社が収集した情報を取りまとめ、定期的に無料で公開するもの。年4回発行する季刊でVol. 1は10月7日に公開を開始した。

初回号では、フォーカスリサーチとして、被害が増えているSQLインジェクション攻撃や「Winny」や「Share」といったP2Pネットワークの話題、ウイルス感染につながる迷惑メールなどの話題を取り上げている。

(Security NEXT - 2008/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
アズジェント、攻撃対象領域の分析サービス - 1回限定で無償提供
生徒の個人情報含む教育簿を一時紛失 - 金沢大付属中
個人情報含むファイル1369件で権限不備、外部アクセス可能に - エイチーム
米CISA、ランサム「ALPHV」に注意喚起 - 「ノーウェアランサム」の手口も
水道局の制御機器を狙うサイバー攻撃が発生 - 米当局が注意喚起