Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲスト利用者のPCも確認できる「Symantec Network Access Control」

シマンテックは、ネットワークアクセス制御ソリューション「Symantec Network Access Control」最新版を発表した。アップグレードイメージは、8月20日より提供が開始されている。

同製品は、「Symantec Endpoint Protection Manager」により管理しているクライアントPCなどへ強制的にポリシーを適用、アクセスを制御するアプライアンス。

最新版では、管理外のPCを利用するゲスト利用者に対してクライアントソフトを配布し、ゲートウェイ方式やDHCP方式で実装することが可能。セキュリティ対策ソフトやファイアウォールのインストール状態などポリシーに準拠した端末であるか確認できる。

また「Active Directory」や「LDAP」「RADIUS」との連携によるウェブログインを提供し、アクセスできるネットワークリソースの制限が可能。またMACアドレス認証機能が拡張されており、802.1x環境におけるアクセス制御も実現している。

(Security NEXT - 2008/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー