Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲスト利用者のPCも確認できる「Symantec Network Access Control」

シマンテックは、ネットワークアクセス制御ソリューション「Symantec Network Access Control」最新版を発表した。アップグレードイメージは、8月20日より提供が開始されている。

同製品は、「Symantec Endpoint Protection Manager」により管理しているクライアントPCなどへ強制的にポリシーを適用、アクセスを制御するアプライアンス。

最新版では、管理外のPCを利用するゲスト利用者に対してクライアントソフトを配布し、ゲートウェイ方式やDHCP方式で実装することが可能。セキュリティ対策ソフトやファイアウォールのインストール状態などポリシーに準拠した端末であるか確認できる。

また「Active Directory」や「LDAP」「RADIUS」との連携によるウェブログインを提供し、アクセスできるネットワークリソースの制限が可能。またMACアドレス認証機能が拡張されており、802.1x環境におけるアクセス制御も実現している。

(Security NEXT - 2008/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ