Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac OS Xのサポートやオフライン対策など強化した暗号化製品 - 日本PGP

日本PGPは、「PGP Encryption Platform」の最新版を発表した。プラットフォームを構成する各製品がバージョンアップされている。

セキュリティポリシーの集中管理を行う「PGP Universal Server 2.9」では、オフラインのユーザーについても、メールの送信ポリシーを設定することが可能。利用状況をログに記録することが可能となった。

また、設定したポリシーごとにファイル共有環境の暗号化を行う「PGP NetShare 9.9」では、ローカル環境や外部記録媒体上においても暗号化を自動的に実施することが可能となった。

さらにディスク全体を暗号化する「PGP Whole Disk Encryption 9.9」では、サポートするOSに「Mac OS X」を追加。対応する言語も5言語から38言語に拡張した。

(Security NEXT - 2008/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス