Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

稚内信金、伝票やジャーナルなど顧客情報約11万件を紛失

稚内信用金庫において、伝票やATMジャーナルなど11万4023件の顧客情報含む書類が所在不明となっていることがわかった。

本店や10支店において、ATMジャーナルや伝票綴り、解約済普通預金印鑑票、給与振込依頼書、オンライン配信日報など11種類の書類を紛失していることが判明したもので、11万4023件の顧客情報が含まれていた。書類によって記載内容は異なるが、顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号のほか、生年月日や届印などが含まれる。

同金庫において一部保管書類が所在不明であることに気が付き、全営業店において過去10年間の保管書類を点検した結果、明らかになったという。

同金庫では、保管期限が過ぎた不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いとして、外部への流出を否定。廃棄書類に記載されたデータはシステムに保存されているため、顧客への影響はないと説明している。

(Security NEXT - 2008/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
商品券事業で委託先が個人情報を目的外利用 - 豊田市
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店