Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成績情報を記録したUSBメモリが所在不明に - 横浜緑園総合高校

神奈川県立横浜緑園総合高校において、生徒の成績など個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同校教諭が8月5日に、担当する生徒の氏名やクラス名、担当科目の成績などのべ154人分の個人情報が記録されていたUSBメモリを紛失したもの。同日校内で業務に使用したが、一時校外へ外出したのち、校内で業務を再開する際になくなっていることに気が付いたという。

教諭は警察へ被害を届け、校内や外出先など心あたりを探索したものの、見つからなかった。同校では、校内でUSBメモリを利用する際に登録を義務づけていたが、教諭は登録しておらず、一部を除いてデータの保護なども行っていなかった。

同校では今回の事故を受け、保護者へ書面で謝罪。また保護者を対象とした説明会を実施する。

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
案内メール誤送信でメアド流出 - 広島学院
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市