Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバル対応を強化した監視、制御ソフト「CWAT」の最新版

インテリジェントウェイブは、クライアント端末の制御や監視により情報漏洩を防止するソフトウェア「CWAT」最新版を10月27日より提供開始する。

同製品は、クライアントPCにおけるファイル操作やアプリケーションの起動、メール送信、ウェブアクセスなどを監視。不正操作を検知した際に警告や操作の制限が行えるセキュリティソリューション。デバイス制御や暗号化機能なども備えている。

最新版となる「同V4.0」では、キーワードによる検知を実現。「Unicode」利用時には言語を問わず監視することができ、ファイルの監視機能では、圧縮ファイル内のキーワードについても検知が行える。

さらに外部デバイスに対する制御機能を強化したほか、64ビットプロセスの監視やIPv6環境へ対応。また監視サーバにおけるユーザビリティの向上やインストールの簡略化などを実施した。

080822iw.jpg

インテリジェント ウェイブ
http://www.iwi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者