Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバル対応を強化した監視、制御ソフト「CWAT」の最新版

インテリジェントウェイブは、クライアント端末の制御や監視により情報漏洩を防止するソフトウェア「CWAT」最新版を10月27日より提供開始する。

同製品は、クライアントPCにおけるファイル操作やアプリケーションの起動、メール送信、ウェブアクセスなどを監視。不正操作を検知した際に警告や操作の制限が行えるセキュリティソリューション。デバイス制御や暗号化機能なども備えている。

最新版となる「同V4.0」では、キーワードによる検知を実現。「Unicode」利用時には言語を問わず監視することができ、ファイルの監視機能では、圧縮ファイル内のキーワードについても検知が行える。

さらに外部デバイスに対する制御機能を強化したほか、64ビットプロセスの監視やIPv6環境へ対応。また監視サーバにおけるユーザビリティの向上やインストールの簡略化などを実施した。

080822iw.jpg

インテリジェント ウェイブ
http://www.iwi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合