Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関の患者情報含むUSBメモリ、院内で見つかる - 都立病院

都立広尾病院において、技師が個人情報を保存したUSBメモリを紛失した問題で、都は同院内で発見、回収したと発表した。

同院検査科の技師が、患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失したもので、7月25日に事故に気が付き、都では29日に事故を公表していた。

その後もUSBメモリの捜索を続けていたが、8月4日に検査科保冷室内の床に敷いてあるすのこの間から見つかった。USBメモリ内部のデータは、紛失当時のままで情報の流出についても確認されていないという。

都ではUSBメモリの回収を受け、関連する医療機関に対して状況を連絡。関係者に対しても報告を行う予定。

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
賞品発送時に宛名ラベルを二重貼り、個人情報が流出 - 宮城県
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
修理依頼の過程で電子カルテ端末が所在不明に - 病院と業者でわかれる見解
ふるさと納税者に第三者の個人情報含む文書を誤送付 - 太良町