Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関の患者情報含むUSBメモリ、院内で見つかる - 都立病院

都立広尾病院において、技師が個人情報を保存したUSBメモリを紛失した問題で、都は同院内で発見、回収したと発表した。

同院検査科の技師が、患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失したもので、7月25日に事故に気が付き、都では29日に事故を公表していた。

その後もUSBメモリの捜索を続けていたが、8月4日に検査科保冷室内の床に敷いてあるすのこの間から見つかった。USBメモリ内部のデータは、紛失当時のままで情報の流出についても確認されていないという。

都ではUSBメモリの回収を受け、関連する医療機関に対して状況を連絡。関係者に対しても報告を行う予定。

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県