Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関の患者情報含むUSBメモリ、院内で見つかる - 都立病院

都立広尾病院において、技師が個人情報を保存したUSBメモリを紛失した問題で、都は同院内で発見、回収したと発表した。

同院検査科の技師が、患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失したもので、7月25日に事故に気が付き、都では29日に事故を公表していた。

その後もUSBメモリの捜索を続けていたが、8月4日に検査科保冷室内の床に敷いてあるすのこの間から見つかった。USBメモリ内部のデータは、紛失当時のままで情報の流出についても確認されていないという。

都ではUSBメモリの回収を受け、関連する医療機関に対して状況を連絡。関係者に対しても報告を行う予定。

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会