Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京都の委託先が水道徴収の帳票43件を紛失 - 個人の特定は困難

東京都は、7月23日に業務委託先が豊島区内で水道料金徴収に関する帳票を紛失したと発表した。個人情報の一部が記録されていたという。

徴収業務に置いて顧客情報の管理は携帯端末に入力しているが、一部入力できない内容を記録している補助帳票43枚を紛失したもの。

業務前に名字や顧客番号の一部、部屋番号などあらかじめ記載していたもので、10枚については催告経過を記入していた。紛失した帳票のみで顧客を特定することは難しいという。池袋へ被害を届けており、関連する顧客に対しては謝罪した。

(Security NEXT - 2008/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
委託先が「水道使用量のお知らせ」を紛失 - 神奈川県
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町
水道使用者の個人情報含む書類を紛失 - うるま市
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
個人情報14.7万件含むタブレットを紛失 - 岡崎市
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で