Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定電子メール法対策機能を搭載したメール配信システム - HDE

HDEは、企業向けメール配信システム「HDE Customers Care」に特定電子メール法対策機能を追加し、7月31日より販売を開始する。

最新バージョンとなる「同4.5」では、メール配信にオプトイン機能を実現する「本人確認機能」を追加。メール配信サービスの登録時に、システムから自動返信メールを送信し、メール内のURLをクリックしてもらうことで本人確認を行うことができる。また同意した日時を管理することも可能。

さらにメール配信を許可している顧客以外へメール配信ができない機能を搭載したほか、空メールの送信やメール本文中に記載したURLのクリックにより、メール配信サービスから退会できる「メール配信解除機能」を搭載している。

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス