Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発設計や調達時に必要な暗号技術の知識を学べる教材 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、暗号技術を扱ったeラーニングコンテンツを開発し、提供を開始した。

同教材は、開発設計や調達時の仕様作成において必要となる暗号技術の知識を学ぶことができるeラーニング用コンテンツ。セキュリティシステムの設計や開発、運用にあたって必要とされる暗号技術を習得でき、暗号技術について技術面だけでなく社会的周辺知識についても取り上げた。

教育機関において活用することも視野に「初心者編」と「初級・中級者編」を用意。「初心者編」では大学の専門課程で暗号技術に関する授業で利用することが可能で、「初級・中級者編」では大学院での授業を想定されている。また理解度を確認できるテストや、実習用プログラムについても提供する。

(Security NEXT - 2008/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
保護者連絡先を不正利用、幼稚園元職員を懲戒処分 - 大阪市
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立