Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「暗号化マスター4」など暗号化ソフト2製品を発売 - フロントライン

フロントラインは、AES 256ビットによりPC内のデータを暗号化できるソフトウェア2製品を、8月1日より発売する。

「自動暗号化マスター4」は、フォルダを指定することにより、フォルダ内のファイルを自動的に暗号化できるソフトウェア。暗号化フォルダ内では、ファイルをダブルクリックと復号化され、オリジナルアプリケーションで編集が可能。編集終了時に再び自動的に暗号化される。

最新版では、ダブルクリック時にパスワード確認の設定可能となったほか、パスワードの誤入力を指定回数以上行った場合、復号できないようにする機能を追加した。

「暗号化マスター4」は、特定のファイルやフォルダの暗号化機能に加え、「自動暗号化マスター4」やUSBメモリなどの暗号化を行える「USB暗号化マスター4」の機能を搭載した上位版。コマンドラインからの暗号化にも対応している。

両製品では、ソフトを無償で配布できる復号ソフト「デサイファー4」が用意されており、ユーザー以外のPCでも復号化を行うことが可能。またデータの削除ツールも同梱されている。

080710fl.jpg
上位版の「暗号化マスター4」

(Security NEXT - 2008/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI