Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前役員のメール送信ミスで関係者のメールアドレスが流出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、前役員がメールを関係者637人に送信した際、操作ミスによりメールアドレスが流出したと発表した。

7月7日、前役員が辞任の挨拶を関係者にメールで送信する際、送信先のアドレスを誤って宛先に入力したもので、637件のアドレスが確認できる状態となった。同機構では関係者に対し謝罪し、誤送信メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2008/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
メール本文に送信先メアドを誤って貼り付け送信 - 静岡県