Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月は「重要」4件のセキュリティパッチを公開予定 - 「緊急」含まず

マイクロソフトは、7月9日に公開を予定している月例セキュリティ更新プログラムの事前予告を行った。4件の公開が予定されているが、深刻度はいずれも「重要」で「緊急」は含まれていない。

「Windows」の脆弱性を解消するプログラムが2件で、外部からコードが実行される問題やなりすましの脆弱性へ対処する。

また「Windows」および「SQL Server」や「Windows Exchange」を対象とする更新プログラムがそれぞれ公開される予定で、いずれも特権の昇格に関する脆弱性を解消する予定。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年7月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-jul.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
MS、月例セキュリティ更新を公開 - 「クリティカル」は1件のみ
4月のアップデートでのべ37件の脆弱性に対応 - Atlassian
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
4月のMS月例パッチで修正された脆弱性が攻撃の標的に - 米当局が注意喚起