Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky製品で一太郎ファイルの誤検知が発生 - 現在は修正済み

Kaspersky Labs Japanは、7月3日に同社製品へ配信された定義ファイルの一部に不具合があり、ジャストシステムの一太郎形式ファイルをウイルスとして誤検知する問題が発生したと発表した。すでに定義ファイルの修正は完了している。

同社によれば、不具合があったのは7月3日10時41分付けの定義ファイル。適用している場合、ウイルスに感染していない正常な一太郎のファイルについても「Trojan-Dropper.Ichitaro.Tarodrop.l」として検知されるという。同社では問題を修正した同日17時28分付けの定義ファイルを、21時ごろより提供開始している。

設定によっては誤ってファイルが削除されている可能性もある。同社では心あたりのあるユーザーに対し、最新の定義ファイルへ更新した上でバックアップファイルからの復元し、再度ウイルスチェックを実施するよう対応を呼びかけている。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害