Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネットのスパム対策サービスで誤判定 - 正常メール削除のおそれも

フォーティネットジャパンは、同社が提供する「FortiGuardアンチスパムサービス」において誤ったIPアドレスを登録し、スパムメールの誤判定が発生したと発表した。

同社によれば、同サービスのソフトウェアにおけるデータベース処理を改良した際、不具合が生じて問題ない送信者のIPアドレスを多数誤登録する問題が発生したという。影響を受けた期間は、6月19日9時ごろから16時ごろまでで、正常なメールがスパムと誤判定されたおそれがある。

同サービスにおいて、スパムメールを破棄するよう設定していた場合、正常なメールが消失したおそれがあるため、同社では心あたりがあるユーザーに対し、送信者に対して再送信を依頼するよう呼びかけた。またメールクライアントソフトでスパムとして処理された可能性もあるため、注意を促した。

フォーティネットジャパン
http://www.fortinet.co.jp/

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性