Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット上でネットショップの顧客情報が閲覧可能に - 金沢市の水産会社

石川県金沢市の大松水産は、インターネット上で顧客情報が一時閲覧できる状態だったことを公表した。

インターネットショップにおける7件の受注データと氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど顧客12人の個人情報がインターネット上から閲覧できる状態だったもので、検索エンジンに登録されているとの指摘が顧客から寄せられ、問題が判明したという。

サーバ移行時にアクセス制限や削除など対策が実施されていなかったのが原因で、同社では事故判明後、問題となったサーバ上のデータを削除。またサーチエンジンに対してもキャッシュの削除を依頼した。

同社では関連する顧客へ書面で謝罪しており、今後判明した事実についてはサイト上や郵送にて公表していく。

(Security NEXT - 2008/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大