Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「.hk」ドメインは2割、「.cn」「.info」は1割が危険 - マカフィー報告

マカフィーは、ドメインごとにウェブサイトの危険度を評価し、レポート「悪質なウェブサイトの世界地図 再考」として取りまとめた。

同レポートでは、ウェブサイトの評価サービス「McAfee SiteAdvisor」のデータベースに基づいて、世界265の国別ドメインやジェネリックドメインを持つサイトを評価。スパイウェア、ウイルス、スパム、過剰なポップアップ、ブラウザの脆弱性の利用したエクスプロイトのほか、危険なサイトへのリンク数などの観点から、各ドメインをランク付けした。

最も危険度が高かった国別ドメインは香港の「.hk」ドメイン。19.2%のサイトにセキュリティ上の脅威が含まれており、昨年の28位から1位へ一気に躍り出た。次いで11.8%の中国「.cn」。フィリピン「.ph」、ルーマニア「.ro」、ロシア「.ru」と続いた。

ジェネリックドメインで最も危険度が高かったのは「.info」で、11.8%が危険なサイトだった。また一般的に利用されることの多い「.com」は、5.3%で国別も含めた全体の9位。一方、最も安全な国別ドメインはフィンランド「.fl」で、危険なサイトの割合は0.05%。日本は0.13%でそれに続き2位だったという。

また同レポートによれば、サイトにアクセスしたことでスパイウェアやアドウェア、ウイルスなどの不正なプログラムがダウンロードされる可能性は、2007年から41.5%上昇。着信音やスクリーンセーバーなどを提供しているサイト中、不正プログラムが仕込まれたサイトは昨年の3.3%から4.7%に増加した。

(Security NEXT - 2008/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準