Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の「SQLインジェクション攻撃」は4月の約3倍 - ラック調査

「SQLインジェクション攻撃」が激化している。5月は過去最悪だった4月のさらに約3倍に達するなど、急激なペースで上昇していることがラックの調査でわかった。

同社が運営するセキュリティ監視センター「JSOC」において検知した攻撃の状況を取りまとめたもの。「SQLインジェクション攻撃」は、2007年3月ごろから増加し、同年中盤に一時期ピークを迎えたものの、その後はやや落ち着きを見せ、2万件から3万件前後で推移していた。

変化を見せたのが2007年3月で、再び増加傾向へ移行し、4月に5万1252件と大台を突破。さらに5月に入って状況は悪化、15万7407件と4月の約3倍を検知しており、2005年以降過去最悪を記録した。

(Security NEXT - 2008/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」