Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根の社会福祉法人、個人情報がネット上で閲覧可能に - サーバの設定ミスで

松江開府400年祭記念の名刺を販売した社会福祉法人のふらっとにおいて、インターネット上に顧客の個人情報が流出する事故が発生した。

システムの不備によりインターネット上から名刺を注文した顧客の個人情報が閲覧できる状態となったもので、57件53人分の氏名や住所、電話番号、所属、注文内容などが流出。名刺は、松江開府400年祭推進協議会が企画、同社が販売しているもので、2007年9月から商品の注文をオンラインで受け付けていた。

顧客がインターネット上で自分の名前を検索して流出に気が付き、松江市役所へ連絡。同社へ5月31日に連絡が入り、調査したところアクセス権が設定されていないことが判明した。同社では、アクセス権を修正したが、今後体制が整うまでインターネット上の注文を停止する。

(Security NEXT - 2008/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に