Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審ファイルをネット経由で解析、対応する新製品 - キングソフト

キングソフトは、新機能を搭載したセキュリティ対策ソフトの最新版「Kingsoft Internet Security U」を発売した。1年版(980円)や無期限版(1980円)のほか、広告表示を行う無料版が用意されている。

同製品は、従来より搭載しているウイルスやスパイウェア対策機能やファイアウォールに加え、新機能として「オンライン信用認証」を搭載。不審なファイルを発見した場合、ユーザーの許諾を得た上で、同社へリアルタイムに転送し解析。新種ウイルスやスパイウェアを発見した場合は定義ファイルへ反映する。

また、セキュリティ対策状況の診断機能を装備。システムの脆弱性や未知のファイル、過多となったスタートアップ項目など問題点を診断、修復する。また使用履歴の削除や、LSPの修復にも対応した。

(Security NEXT - 2008/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加